レクレドールコレクション

このページは関係者用です。他の方へ見せたり内容を教えたりすることは厳禁でお願いいたします。

 

ショートムービーについて

レクレドールコレクションと原宿ふわふわのコラボレーション企画ショートムービーについての詳細ご連絡です。内容を確認頂き、質問があればDMやLINEでお問い合せください。

内容は世界的に有名なロックの楽曲をテーマに制作するとだけお伝えしていましたが、QueenのSomeboby to loveという曲を使用します。知らない人はいないと思いますが、Youtubeなどでご確認ください。
Queen – Somebody To Love (Official Video)

5月後半にピアノ演奏を録音・撮影します。奏者はセトラエトさんです。

撮影日程は今の所6月8日9日15日16日に原宿周辺と新宿のスタジオで撮影を予定していますが、スケジュール詳細は後日連絡します。
レクレドールコレクションで協力頂いているベルエポック美容専門学校さんも協力頂くことになっており、6月9日には学校でも撮影予定なので6月9日には出来るだけ集まって頂きたいです。各自可能な日を連絡してください。

内容

今回制作するムービーのSomebody to loveは、繊細なピアノから始まり華麗なコーラスが印象に残るゴスペル風の楽曲ですが、信心深いマイノリティの若者の苦悩を歌っています。曲自体は力強く華やかな印象ですが、重い歌詞が載っているのに驚きます。セクシャルマイノリティだったフレディー自身の心の葛藤を歌ってるのだろうかと想像します。
発表から45年経過して色あせず世界中で親しまれているこの曲は、絶望するほどではないけれど、薄くぼんやりとした閉塞感に覆われている今の日本に生きる私たちにとって、受け入れやすい曲なのかなと思います。
ムービーははっきりとしたストーリーではなく、出演者毎に撮影する日常的なシーンで構成し、誰か私にも愛を。。と言うメッセージを伝えたいです。曲調の通り深刻なものではなく、本当は結構孤独だけど原宿(東京)は楽しいから別にいいよという感じに仕上げたいです。

出演者にはSomebody to loveのフレーズを英語で歌って頂きます。ここがキーポイントと言うかウイークポイントでして、日本語の歌ではないので大丈夫だろうかと不安が大きいところです(笑)出演頂く皆さんも、え!まじでと思うでしょうが、ミュージックビデオを作ろうとしている訳ではありませんので、しっかりとうまく歌ってくださいという訳ではありません。でも少しだけ練習してくださいね。それからコーラスについては今の所無しにしようと考えています。

世界的に有名な曲ですから、YouTubeで公開して10万アクセス超えを目標にしたいです。ご協力お願いします!

衣装について

衣装は日常的なシーン撮影ですので、普段着ている私服でお願いします。映像的に映える派手目なもので準備ください。

 

その他

個性をアピール出来るような特技があれば準備ください。
例)スケボー、自転車、カメラ、けん玉 その他。